BuilderPad機能のご紹介


「報告書作成を簡単にしたい」を実現

 

BuilderPad<ビルダーパッド>は使いこなせない多くの機能より、現場で必要な重要かつ効果が出やすい機能のみを充実させています。

現場での操作感は無駄がなく、間違いにくい画面構成になるよう工夫しています。利用する社員が驚くほどスムーズな操作感に仕事がはかどります。

 

工事進捗管理表の作成

機能紹介‐工程表作成

事前に各工程の品質チェック項目はマスタ化されます。工法ごとに該当する品質チェック表を選択し日程と担当者を入力すればOKです。

 

同じ工法の案件が発生した時は、コピー機能を利用します。ボタン一つで全工程の品質チェック表を複製することが出来ます。

 

工程の登録:案件ごとに定められた工程を登録します。日程、担当者を入力します。

品質チェック表の作成:工程ごとに品質チェック項目を登録します。

品質チェック結果のリアルタイム入力

機能紹介‐スマホの利用

 

現場では施工管理アプリを利用して「品質チェック結果」を項目ごとに入力します。 必要な「品質チェック項目」は全て施工管理アプリの画面に表示されるので、順番通り実施し、結果を入力するだけです。 

 

基本操作はタップ(選択)のみで完了します。写真もボタン1つでカメラが起動します。スマホのアルバムから選択することも出来ます。 

 

入力漏れ、写真撮り忘れがあればアラートが表示されます。うっかりミスが無くなります。

 

 

 

報告書の自動作成

機能紹介‐報告書自動作成

今まで通りの報告書(EXCEL)を変更すること無く利用できます。

 

現場にて施工管理アプリより「品質チェック」を実施し記録した内容と撮影した写真を、離れた場所にある事務所のパソコンで印刷できます。

 

EXCEL形式に出力しますのでコメント等の書き込みも自由できます。

データはクラウドに管理していますので、現場での入力が完了すれば直ぐに事務所で報告書作成が可能です。

 

これまで何時間もかかっていた報告書作成の手間を大幅に削減することが可能です。 

進捗の共有

機能紹介‐情報共有はスマホ

「今日(明日)はどこの、どの検査をするのか」・・・ 

 

施工管理アプリにログインした時「ダッシュボード」には担当案件の「これからの予定」と「未実施案件(予定を過ぎている案件)」が表示されます。 

 

パソコンの一覧表示画面では、現場単位で進捗状況を一目で確認できます。

 

データはクラウドに管理していますので変更を行えば即時に現場のデータにも反映されます。 検査予定日が変更されても即座に状況が共有できます。

 

予定に対し「実施中」「完了」の状態を管理し予定通りに進んでいるか把握できます。

 

 

詳細工程表の作成

機能紹介‐詳細工程表

 

 

自社の標準施工タイプ別に「工事工程」、「資材等発注手配」、「外部検査・施主検査」、「品質チェック」の各予定を登録すれば、物件ごとに標準詳細工程からコピーし、受注物件用に詳細工程表が作成出来ます。

 

施主様への工事予定説明、協力会社通知、社内進捗報告に利用できます。

 

 

工事積算発注原価管理

機能紹介‐工事積算発注原価管理

 

標準タイプ別に工事仕様・規格の単価(標準単価、工事原価、営業見積単価)を一覧で登録管理でき、また協力会社の発注情報を一覧で登録管理できます。

 

積算数量入力を入力するだけで、個別原価表、工事見積(表紙・明細)、発注一覧・明細、協力会社発注書・工事完了届・自主検査報告書を一括作成できます。

 

事前発注、工事完了検査結果通知を基に検収を行うことで協力会社からの請求書を必要とせず支払いを行う「請求書なし」の仕組みが実現できます。

 


お電話でのお問合せ

03-6403-7868