BuilderPadのご利用手順


データ入力も、同じ内容であれば最初に一度の入力作業でデータの再利用が可能ですので大幅に作業時間を短縮させることが出来ます。


BuilderPad<ビルダーパッド>の導入からご利用までの流れ


①体験版申し込み

  体験版申し込みページからお申込みください。担当者よりご利用に必要な情報をご連絡します。

 体験版の環境は通常のサービス環境と同じですので、実際に契約される場合を想定した利用体験が可能です。

 また、実際に契約する場合にもデータ引継ぎが可能ですのでスムーズに移行できます。

 

②工程表確認(要打合せ)

 現在、御社でご利用中の工程表を基にシステムを利用した際にどのようにデータ入力したらよいか打ち合わせを行います。

 すでに多くのパターンでのご利用実績がありますので、弊社の担当者が運用しやすさを考えながら、どのように工程表を運用するのが

 良いかご案内させて頂きます。

 

③品質チェック項目確認(要打合せ)

 各工程でどのような品質チェックをするのか、どのような順序でデータ登録したらよいか打合せを行います。

 こちらもすでに実績がございますので、弊社の担当者が運用しやすさを考えながら項目設定のご提案をさせて頂きます。

 

 ④マスタ登録

 すでに作成、整備した「工程表」「品質チェック項目」をもとにマスタデータの登録を行います。

 データの種類が多くボリュームのある作業ですが、一度登録すれば再利用可能なデータですので、作業時間が大幅に短縮されます。

 システム運用上、マスタ整備の良し悪しで効果が大きく変わります。

 経験豊富な担当者が御社の運用を踏まえた登録作業のお手伝いをいたします。

 

⑤チェック表作成

  品質チェック項目をマスタに登録してありますので、具体的な案件にて現場で利用するチェックシートを作成します。

 現場でスマホを利用してチェック結果を入力する画面になります。

 

⑥報告書フォーマット確認

 最終的な報告書をEXCELシート(マクロ)に設定します。これによりチェック実施後すぐに報告書が作成できるようになります。

  

⑦スケジュール登録

 実際の品質チェックを行うスケジュールと担当者を割り当てます。

  

⑧現場での施工管理アプリを使って「写真付き品質チェック」実施

 現場で実際に品質チェックを行います。施工管理アプリ(スマホ)でチェック結果を入力していきます。

 すでに準備を行っていますので、チェック結果を選択し、写真を撮影するだけです。

 

⑨報告書作成

 「品質チェック」実施後、すぐに事務所でデータを確認することが出来ます。報告書作成ボタンを押すだけで、報告書が完成します。


BuilderPad<ビルダーパッド> 動作環境


管理画面の対応ブラウザ(2017年12月時点)

      ・Microsoft Internet Explorer・Edge

      ・Google Chrome

      ・Firefox

      ・Safari

 

施工管理アプリ iOS・Androidの対応バージョン(2017年12月時点)

     ・iOS        9.3以降

     ・Android  6.0以降


お電話でのお問合せ

03-6403-7868